つづくらす食堂とは

『つづくらす』とは?

つづくる(繕る)とは、「ほころびをつくろう」という言葉の未然形です。

つまり、つづくらすは「ほころびをつくろわせる」という意味になります。

 

そして、もうひとつ。

「続く」「暮らす」という二つの言葉を合わせ、『暮らし続ける』という意味も込めています。

 

生きている限り、暮らしはその人とともにあり続けます。

だからこそ、気持ちよく暮らしたいと願う人は多いのだけれども、

毎日当たり前のように続くものだから、つい大事にすることを忘れてしまう。

同じことを繰り返す毎日は色あせて、退屈なように感じてしまう。

 

そんな暮らしのほころびを無理なく楽しくつくろいたい。

気持ちよく暮らし続けたいと願う人のお手伝いをしたいと考えています。

料理教室なのに、なぜ『食堂』なの?

毎日通っても飽きない『食堂』のような、

素朴だけれども、食べるとほっとする家庭料理が作れるようになる

料理教室でありたいと思っています。

 

レストランやカフェのようなオシャレな料理ではありません。

特別な食材や調味料は使いません。

テーブルコーディネートも最低限です。

 

でも、「何を作ろう」と迷ったときに、

「そうだ! あれ作ろう!」と思い出してもらえるような

ご家庭の食卓の定番となるような献立とレシピをお伝えします。

つづくらす食堂で伝えたいこと

一回分の食事を作るだけ。

一品を作るだけ。

それなら、それほど大変じゃないと思う人も多いことでしょう。

 

でも、毎日、何品も、作り続けることはなかなか大変。

それでも、できるだけ毎日手作りで、

いくつかお皿が並ぶような食卓にしたい。

 

そんな願いにこたえられるよう、

毎日続けられるような献立の立て方と、

一汁三菜を無理なく用意できる段取り術をお伝えしていきます。

つづくらす食堂は、こんな方におすすめ

  • 毎日の献立に悩んでいる方
  • 簡単・短時間で料理する方法を知りたい方
  • 料理のレパートリーを増やしたいと思っている方
  • 一度に何品も用意するのが大変だと思っている方
  • 忙しいけれど、できるだけ自炊を続けたい方
  • 料理初心者の方
  • 産休・育休中の方
  • お子様連れで習い事を始めたい方

つづくらす食堂でご紹介した献立

2016年

  • 4月…豚肉と大豆のトマト煮込み・ウドとセロリのマリネ・にんじんとチーズのサラダ・クレソンとマッシュルームの即席スープ・ティラミス
  • 5月…鶏胸肉とお豆のケチャップソテー・長芋ともずくのスピード酢の物・キャベツとカッテージチーズの温サラダ・即席・ニラと豆腐のスープ・桜餅(長命寺)
  • 6月…牛のたたき・ミニトマトと新生姜の梅酢マリネ・ごぼうとレンコンのニンニク炒め・アオサと貝割れのお吸い・よもぎ餅
  • 7月…マスタードチキンロール・蒸しなすのごまだれ・エスニック風ゴーヤの卵炒め・オクラとワカメのお吸い物・バナナムース
  • 9月…魚介の和風カルパッチョ・納豆のオープンオムレツ・ツナと大葉の冷製パスタ・トマトとみょうがのヤミツキごまサラダ・ネギ塩キャベツ
  • 10月…豚の塩麹竜田揚げ・ごぼうの焼きびたし・ツナとひじきのマヨポンサラダ・塩昆布とはんぺんの即席お吸い物
  • 11月…スペアリブのオリエンタル焼き・ベビーリーフのサラダ・アボカドと豆乳のムース・じゃこチーズトースト・オニオンスープ・バナナクランブル
  • 12月…鶏肉のフォー・生春巻(海老)・にんじんとツナのエスニックマリネ・エスニック風たたききゅうり・タピオカミルクゼリー

2017年

  • 1月…豚肉の白ワイン煮・コーンと卵のとろふわグラタン・カブと生ハムの柚子胡椒マリネ・パプリカとスパムの即席スープ・ティラミス